紙袋のエコで便利な活用法

main-img

一度使っただけできれいな紙袋を捨てきれずにどんどんストックしてしまっている人は多いかもしれません。

サイズも様々で無駄に場所をとるのに案外活躍の機会が少なくて気が付いたらすごい量になっていたということってありますよね。でも使わないものをどんどんため込んでしまうというのは逆にエコではないです。

ダンボール箱情報サイトを使用する機会が増えています。

誰かに何かを渡す時用のものは数枚だけにして他のものは増えるたびに使っていきましょう。

まず、溜まった紙袋を仕分けしてください。



薄くて比較的破れやすい紙のものは程よい大きさに切って油料理をした後のフライパンやお皿を拭くときに使ってキッチンペーパーがわりにしてしまいましょう。



洗い物をする前に油を拭いておくと水の節約にもなります。
また、丈夫だけどデザインがそこまで好みでないという紙袋は大きさやマチが合えば衣類や文房具の収納の区切りなどに使えます。

高さを合わせて紙袋をカットし収納ボックスにはめ込めばハンカチや下着、靴下など散らばりやすいものもきれいに収納できます。


切り口は紙袋自体を少し折り曲げるだけでもいいし、ちょっとかわいくしたいならマスキングテープなど好みのものを貼ってもいいです。


長く使ってよれてきたり破れたりした場合にはプラスチックの区切りとは違って折りたたんで簡単に捨てれますしまた新しく切ればいいです。

工作が好きな人であればかわいい柄や模様を利用して本の栞やブックカバー、便箋などにリメイクすることもできます。

小さいお子さんがいる場合にはお絵かきの紙に使ってしまうのもいいですね。

アイディア次第でいくらでも使い道はあるので工夫してエコな暮らしに役立てましょう。

みんなのダンボールの事

subpage1

プレゼントを渡す時に、こだわりたいのがラッピングです。凝ったラッピングを自分で行おうとすると難しいですが、すでにあるものにアレンジを加えるだけでも素敵なラッピングを施すことは出来ます。...

more

身に付けよう

subpage2

部屋の中の散乱しがちな小物や、日用品の買い置きなどを収納するのは意外と頭を悩ませられます。収納スペースから溢れるようなものを、部屋の景観を乱さないようにストックしたい、そんな時におすすめなのが紙袋を利用した収納アイテムです。...

more

ダンボールの補足説明

subpage3

買い置きをしている洗剤などの消耗品、もらいものにも多いポケットティッシュに、ハンドタオル、散乱しがちな机や棚の上の小物類、これらを綺麗に整理整頓するのは意外と難しいものです。収納が足りないという理由で収納スペースから溢れてしまうこともあるでしょう。...

more

最新情報

subpage4

洋服や雑貨、お菓子屋さんで買い物をした時にもらうことが出来る紙袋は、素敵なデザインをしたものが多くあります。そのブランド独自のイメージが表されていたり、イメージキャラクターが描かれていたり、季節に合わせた限定もののデザインだったりすることもあります。...

more